インナーマッスルを鍛えたいと考える人は多いでしょう。

インナーマッスルを鍛えるにあたっては、効果的なトレーニング法をしていくといいでしょう。
どんなふうにしてインナーマッスルを鍛えたいのか知りたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそも、インナーマッスルってどこのことをいうのでしょうか?
インナーマッスルを鍛えると女性からモテると言われていますが、そんなインナーマッスルとはどの部分のことなのかというと、体の中心部に近い筋肉の総称です。

インナーマッスルとは「深層筋」とも呼ばれていて、鍛えることで姿勢も良くなって太りにくくなる部分です。
これから筋トレに取り組もうと考えている男性は、まずはインナーマッスルから鍛えていくといいでしょう。

インナーマッスルの効果的なトレーニング法とは?

インナーマッスルのトレーニング法の中に、「プランク」というものがあります。

とても簡単なトレーニング法となりますが、やった回数よりも時間が大切で、好みの難易度の調節することができます。

自宅でも気軽に取り組めるので、一定の時間を決めて取り組むといいでしょう。
間を決めて取り組んで習慣化するのがおすすめです。

<プランクトレーニングのやり方>

うつ伏せになる

ひじとつま先を肩幅に開いて体を支える

かかとから首筋まで一直線にするようにする

このままの状態を30~1分キープする

30秒待つ

残り2セットを行う

完了
プランクトレーニングでは、腰やお腹を下げないようにしましょう。
腰痛を起こしやすくなってしまうからです。
正しいフォームをキープするようにします。

毎日インナーマッスルを鍛えてもいいの?

インナーマッスルは毎日鍛えておくといいでしょう。

以下のポイントに気をつけながら鍛えてみてください。
・口でカウントしながら行う
・腰やお腹を下げないようにする
・慣れてきたら顔を前に向ける
・前腕筋に力を入れない
・インターバルを挟んだ方が効果的

インナーマッスルを鍛えると、どんな嬉しい効果があるのでしょうか。

・体のむくみが解消されていく
体がむくんでしまっていると、体重以上に太って見えてしまうので速く解消したいと思うでしょう。
また、むくみの原因の一つには、リンパや血液の循環の悪化が挙げられます。
体に老廃物もたまりやすくなってしまい、むくむ原因となるのです。
この血液やリンパの流れの悪化は、骨格が歪むことで発生すると言われています。
そこでインナーマッスルを鍛える事によって、体のゆがみや血液のリンパの流れも改善していけるでしょう。

・姿勢が改善される
インナーマッスルを鍛えるほど、骨格をキープする働きで体のゆがみがなくなっていき、姿勢も改善されていきます。
体のゆがみがなくなって姿勢が矯正されれば、外見にも変化が出てくるでしょう。
立ち姿が美しいのはもちろん、座っている姿も美しく見えるので、周囲の人たちからの目線も変わるでしょう。
体幹も鍛えられるので、美しい姿勢を長時間キープできるようになるはずです。
姿勢が変わるだけでも見栄えが変わります。モデルや女優さんのような立ち姿になれるでしょう。

もちろんその他にも、身体能力が向上する、筋力がアップして体が引き締まるなどのメリットが期待できます。