インナーマッスルという言葉を、最近よく聞きますよね。

しかし、体幹という言葉もあっ、て今一つこの二つの区別がつかないという方もいるでしょう。

そこで今回は、体幹とインナーマッスルの違いについて説明していきます。

インナーマッスルと体幹のどちらを鍛えたらいいか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも、体幹とは何でしょうか?

スポーツ界で注目されているのが「体幹」です。

体幹と「インナーマッスル」は何が違うのか。
実は、体幹を鍛えることにはインナーマッスルも含まれていて、インナーマッスルを鍛えることにも体幹が含まれているのです。

体幹とインナーマッスルで鍛え方に違いはあるのか?

体幹とインナーマッスルは、同じものではありません。

体幹は、場所の概念のことをいっていて、インナーマッスルは「深さ」を表しています。

体幹を鍛えることにはインナーマッスルも含まれていますし、インナーマッスルを鍛えることには、体幹も含まれています。

インナーマッスルは、体の表目にある表層筋(アウターマッスル)に対しての深層筋ということで、英語で言うと「ディープマッスル」です。
主に姿勢を細かくコントロールしていき、関節の位置を正常に保っていけるものです。

体幹とは、頭や腕、脚以外の胴体全部の筋肉を意味しています。

体幹を鍛えることは運動中の体勢が安定していきます。
その安定がより強いパワーが発揮できるのです。

また、脚の力を腕に伝えるなど力の伝達機能も体幹の役割でもあります。
このため、スポーツ時のパフォーマンス向上につながっていくでしょう。

体幹ダイエットはインナーマッスルとどんな関係があるの?

ダイエットでは、腹筋や股関節のインナーマッスルも注目されていますが、腕や肩にも実はインナーマッスルはあります。

体幹を鍛えると、胴体のインナーマッスルとアウターマッスルの両方鍛えることが可能でしょう。

反対に、インナーマッスルの鍛え方は、胴体だけに限りません。
インナーマッスルと言えば、腹横筋などのインナーマッスル腹筋となります。

そして、体幹とインナーマッスルの両方のメリットを得られる鍛え方としては、始めにインナーマッスル腹筋を強くする事をおすすめします。

インナーマッスルで腹筋を強くしていくと、年齢と共に低下していく内臓群を正常な位置に戻す事も可能です。

そうする事でなかなか落ちなかったお腹周りもキュっと引き締まった腹筋が手に入るでしょう。
さらに内臓群を正しい位置におさめる事によって、運動能力も上がっていくのです。

痩せるためには体幹とインナーマッスルどちらを鍛えるのが最適なのでしょうか。

・体幹トレーニング…スポーツ選手向けの鍛え方
スポーツのパフォーマンスを上げるにはおすすめです。

・インナーマッスル…一般人や高齢者向けの鍛え方
ダイエットや体の機能性の維持を目的とした鍛え方と言えるでしょう。

運動選手でなくて普通の人でも、体幹を鍛えることは重要です。
姿勢が良くなるだけでなく、ウエストが細くなるなどの効果が期待できます。
さらに体幹には太い筋肉が集まっているということもあり、基礎代謝も向上してダイエットのためにもなるでしょう。