インナーマッスルを鍛えようとする人は、
・ぽっちゃり体型から脱け出したい
・自信のあるオーラを出したい
・ジムに行く時間がない
・ジムに行くお金がない
・ガリガリから脱出したい
・海外セレブのように見られたい!
・筋肉をつけて姿勢を良くしたい

こんな人が多いですよね。

インナーマッスルを鍛えようとするなら。器具を使うのもおすすめです。
インナーマッスルを鍛えるためのおすすめアイテムには様々なものがありますが、今回はその中でも選りすぐりのものを紹介します。

○腹筋ローラー
腹筋ローラーでは、腹筋を中心とした、全身の筋肉が鍛えられます。
腹筋の他にも、背筋やその他の上半身全身も使うので、全体的に効果的となるでしょう。

初心者は、まずはひざをついてコロコロ動かす動きから始めていきます。
今のところ、家の筋トレで腹筋を割るのに一番効果的なのがこちらの腹筋ローラーとなります。
慣れてくると片足や高速、片手などレベルアップしていくといいでしょう。

○トレーニングマット
鍛えられる部分は、腹筋や背筋をする時にあれば重宝します。
トレーニングマットとは、いわゆるヨガマットです。

マットはなくてもいいのですが、フローリングの人はダンベルを置くなどすると、下の階にも振動が伝わってしまうのでマットを敷いておくといいでしょう。
また、腹筋や背筋をする時はフローリングだと固すぎて痛くなってしまうこともあるので、何か敷いてからにするといいでしょう。

○チンニングスタンド
広背筋は、自重トレーニングだけでは鍛えにくいものです。

広背筋を鍛えるのに、一番効果的な自重トレーニングと言えば「チンニング」です。
わざわざ公園までいって鉄棒で懸垂をするって面倒ですよね。

チンニングは、上腕二頭筋も同時に鍛える事ができるので、逆三角形を作る広背筋も鍛えられるでしょう。
モテ男を目指すのであれば、ぜひ使ってほしいトレーニング器具です。

○トレーニングチューブ
広背筋をメインに鍛えることができ、他にも様々応用できます。

ただのゴムですが侮ってはいけません。
広背筋を鍛えるのにはとても重宝するでしょう。

インナーマッスルを鍛えるために器具を使おうと考える人も多いでしょう。
もしも、初心者で器具を購入しようと考えているのであれば、「チンニングスタンド」や「ダンベル」を一番に買うのがおすすめです。

最初からあまりハードな器具を買ってしまっても、使いにくさを感じて使いづらくなってしまうこともあるでしょう。
そのため、もしもインナーマッスルを鍛えたいのであれば、使いやすいものから始めてみましょう。

自宅で器具を使ってインナーマッスルを鍛えれば、ジムに行くよりも簡単です。

実際、ジムで筋トレしに行くとお金や時間もかかりますし、続けなければなかなか成果が目に見えないですよね。

そのため、インナーマッスルを鍛えるためにも、器具を使って筋トレしていくといいでしょう。
また、器具を使いながらプロテインや加圧シャツ、サプリ利用すると、さらに効果が期待できます。