最近では、emsダイエットも流行っています。
しかし、emsでインナーマッスルはちゃんと鍛えられるのでしょうか。

そもそも、emsとはどういったものなのでしょうか。

emsとは「Electrical Muscle Stimulation」の略のことです。
電気刺激を直接筋肉に与えることによって、筋肉を動かしトレーニングしていきます。

低周波の電気刺激を使ったシステムは、1960年代頃に発明されたものであり、もともとは医療用で、体のリハビリや痛みを取る効果があるのだと知られているのです。
その効果が次第に筋肉を刺激して強くするようになり、アスリートたちの間でも注目されています。
機械のコンパクト化も進んでいます。

有名なところでは、シックスパッドもemsの一つです。
シックスパッドを使用して、腹筋を手に入れている人も多いです。

emsの特徴としては、

・少しの隙間時間で効率よく筋トレできる
・自動的に筋肉を動かすから楽ちん
・つらくない

があげられます。

emsの魅力と言えば、いつでも運動効果が期待できるということです。
面倒な準備や着替え、スペース確保などの必要ありません。

好きな時に使って、トレーニング効果を得ることもできます。

テレビや読書しながらでも、簡単に使えるので効率的ですし、気軽に続けられるでしょう。

時間や手間もかからず、効率よく体を鍛えることによって、気になっている部分を引き締めることができます。
ですので、ダイエットとしてもemsを利用することはできます。

emsのインナーマッスルに対しての効果的な使い方って?

・代謝アップできる
インナーマッスルを、自分で鍛えるのは、なかなか難しいものです。

そこで活躍してくれるのが、医療業界やスポーツ業界でも注目されているemsです。

emsを使うことによって、インナーマッスルを含む筋肉増強の効果が期待できます。
ダイエットやセルライト予防、代謝アップの効果が見込めるでしょう。

emsは電気信号で脳に信号を送っていくことによって、筋肉を連動させますが、貼り方や使い方によって効果を倍増させることも可能です。
ですので、効率よく筋肉を増やすことにつながります。

emsで、鍛えたい部分としては「腹筋」と答える人が多いです。
たるんだお腹を引き締めたい、ウエストを細くしたい、などの理由からお腹ばかり鍛える人がいます。

しかし、毎日お腹ばかりemsを貼るのは正しい使い方とは言えません。

筋肉が多い部分は、主に太ももと背中になっていきます。
筋肉の多い部分から鍛えていき、代謝を上げていった方が全体の代謝アップにもつながるでしょう。
目的としては筋肉量アップが上げられます。

そのため簡単に言うと、筋肉量の多い部分から鍛えてしまった方が効果は速くなります。

emsで鍛えている時は、姿勢を正している時など、鍛えている筋肉を意識することによって良い効果が得られるでしょう。

インナーマッスルは、日常生活である程度鍛えられますが、負担をかけて鍛えることによってそれ以上に新陳代謝が上がり、痩せ体質へと導いてくれます。

インナーマッスルは、体の芯になる筋肉です。
ムキムキマッチョなイメージの表面上の筋肉とは異なり、たくさん鍛えたとしても、ムクムキになるのが怖いというような不安はないでしょう。

楽に運動していきたいという方にとっては、emsを使うととても効率よく筋肉が鍛えられ、ダイエットにもつながることになります。