最近よく耳にするインナーマッスルとアウターマッスル。
どちらも鍛えた方がいい筋肉ではありますが、どのような違いがあるか知っていますか?

二つの筋肉の違いをしっかりと知っておきましょう。
違いを知ることでは、自分がインナーマッスルかアウターマッスルのどちらを鍛えればいいのかを判断できます。

インナーマッスルって何?どんな筋肉のこと?

インナーマッスルとは、体の内側・内部にある筋肉のことを言います。

筋肉の名称で「インナーマッスル」という部分があるわけではありません。

インナーマッスルは、体の深層部に存在しているところの筋肉の総称です。
目に見える部分でもないですし、外側から触ることもできません。

姿勢を維持して細かく調整する、筋肉の持続向上が期待できる筋肉のことを言います。

関節を固定する役割が、インナーマッスルの力です。
ですから、目に見えて、強い力を発揮することはありません。

目で見えての効果は実感しにくいですが、内側から体をサポートしてくれる大切な筋肉となります。
インナーマッスルがなければ、関節の固定もできなくなるのですから、とても重要な筋肉と言えます。

アウターマッスルとは、全く異なる仕事をします。

インナーマッスルを鍛えるために思いつくトレーニング方法としては、体幹トレーニングになります。
「体幹トレーニング」も、最近よく耳にしますよね。
実は、インナーマッスルも鍛えるトレーニング方法のことだったんです。

インナーマッスルを鍛えることによって、フォーム維持力が身につくようになるでしょう。
筋トレにおいて、正しいフォームを続けながらのトレーニングは不可欠です。

怪我の防止や、鍛えたい筋肉に一番いい負担を与えるためにも、インナーマッスルを鍛え上げるのがおすすめです。

アウターマッスルとは、どんな筋肉のこと?

インナーマッスルは、目に見て書くにすることはできません。
しかし、アウターマッスルは、体表面に見える「外側にある筋肉」のことをいいます。

筋肉の名称であり「アウターマッスル」という筋肉の部分があるわけではありません。

外から触れることのできる筋肉であり、強力な力を発揮することが特徴です。

アウターマッスルは、自分の意識で動かせる筋肉になります。

体の動作や衝撃から身を守るなど、重要な役割を担っています。

外側にある筋肉なので、鍛えると外見も変わってくるでしょう。
腹筋や、二の腕の力拳などが、例となります。

肉体を変えたい、細マッチョな体型に憧れている人は、アウターマッスルをメインで鍛えていくといいです。

アウターマッスルを鍛えるには、じっくり鍛えていき、食事をとって十分な休息をとります。
アウターマッスルは、鍛えれば鍛えるだけ、どんどん大きくなっていきます。

トレーニングの効果が目に見えてわかるので、やりがいも感じやすいです。

アウターマッスルとインナーマッスル、どちらを鍛えるべきか?!

「腹筋を、シックスパックにしたい!」
「もっと、ムキムキになりたい!」
という方にはアウターマッスルを鍛えるのがおすすめです。

「鍛えながら、ダイエットをしたい。」
「基礎代謝を高めて痩せ体質にしたい。」
という方には、インナーマッスルを鍛えることをおすすめします。