普通の筋力トレーニングで鍛えるよりも、さらにお腹の深いところにあるのが「インナーマッスル」と呼ばれる筋肉です。

インナーマッスルを鍛えるために、アプリを使用する事もできるのはご存知でしたか?
それではどんなアプリがあり、どのように利用していくものなのでしょうか。

トレーニングアプリで鍛えられる部分は、お腹だけではありません。
腕、背中、二の腕、太もも、お尻、お腹など、さまざまな部分を鍛えることができます。

体のインナーマッスルを効果的に鍛えて、スポーツのパフォーマンスやダイエット効果を期待したい!
そんなために体幹トレーニングに取り組む人は多いですが、なかなか続けられず挫折してしまうケースもありますよね。

目標があっても、結果が見えなければ、どうしてもモチベーションが低下してしまいがちです。

また、忙しい・面倒くさいなどの理由で3日坊主で終わってしまうことがあれば、せっかくのダイエット効果も無駄に終わってしまうでしょう。
インナーマッスルを鍛えることで重要なのは、継続してのトレーニングでもあります。

継続を実現するために、おすすめしたいのが、アプリを使って効果的に利用した「体幹トレーニング」です。
例えば、今までバランスボールを使ってバランス感覚を鍛えていた人も、アプリを使えばバランスボールいらずとなります。

・バランスボールいらずになる
・たった12分でトレーニングが完了する

インナーマッスルを鍛えられるアプリケーションの中には、「バランストレーニング」というのがあります。

バランスを鍛えるにはバランスボールがメジャーでしたが、アプリを使うともっと簡単にインナーマッスルを鍛えることも可能になるでしょう。

たった12分であっても、インナーマッスルを鍛え、美ボディにできる優れたアプリです。
アプリ内にはインナーマッスルを鍛える10個の体幹トレーニングのポーズも掲載されています。

やり方はそれぞれのポーズを30秒間キープし、3セット行っていきます。
また、体幹トレーニングをやっていく上でかなり重要になってくるのが時間の計測です。

適当な時間で、体幹トレーニングをやっていても意味がありません。
自分で「ここまででいいや。」と自分の好きな時間でしかトレーニングをしても意味がありません。

しかしアプリには、タイマーの役割もあるので、自分で時間を測らなくても済みます。。

そして、トレーニング間の休憩時間を変更する、カウント音なども変更することも可能です。
全部やってみても12分なので、忙しくて余裕のない人でもできるでしょう。
また、トレーニングメニューもカスタマイズする事が可能です。
そのため、自分だけのトレーニングメニューを作ってみるのもいいでしょう。

普段筋トレする人でも、インナーマッスルまで鍛えられる人は、あまりいないでしょう。
このようなアプリは「バランストレーニング」といって、毎日12分でインナーマッスルを鍛えることができます。

インナーマッスルを鍛えることによって、体全体が引き締まり、スタイルもよくなるでしょう。
また、基礎代謝もあがることから、ダイエットにもつながります。

アプリでは、一つのポーズ30秒3セットで行っていきます。
また、全てのポーズにトライしてみてもたった12分でできるので、継続しやすいのも魅力です。

今まで、筋トレが長続きしなかった人は、アプリを利用してみることもおすすめです。